しゃけちゃづけの一人旅に行こう!

一人旅大好きです。これまで北は東北から南は九州まで一人旅に行きました。旅行記はもちろん、収入が多くないので、いかに出費を抑えて旅をしているかも紹介します。その他日常のことも・・・。

大阪発一人旅 東京へは何で行く? ~新幹線編~

大阪からの東京一人旅。

主な交通手段としては新幹線、飛行機、高速バスがあげられます。

 

今回は新幹線について取り上げます。

 

東京側のターミナルとしては品川と東京の2駅があります。

どこをめぐるかで便利な駅は変わります。

渋谷、池袋、お台場へ行くなら品川

上野、浅草、築地へ行くなら東京が便利です。

新宿はどちらでもよいですが、東京だと在来線始発なので座ることも可能です。

 

まずは所要時間と本数から

最速の「のぞみ」の場合

新大阪から品川まで2時間20分前後

東京まで2時間半前後です。

新大阪初発は6:00(東京着は8:23)

東京発最終は21:23(新大阪着23:45)

1時間に平均4~5本運行

 

ひかり」の場合は

新大阪から品川まで2時間40分前後

東京まで2時間50分前後です。

ただし、「ひかり」の中には新大阪~名古屋各駅に止まる列車もあるのでその場合はさらに時間がかかります。

新大阪初発は6:08(東京着は9:10)

東京発最終は20:03(新大阪着は23:16)

1時間に2本運行

 

こだま」の場合は

新大阪から品川まで3時間50分前後

東京までは4時間前後です。

新大阪初発は7:53(東京着は11:47)

東京発最終は19:26(新大阪着は23:26)

 

1時間に1本運行

 

つづいて、料金について

(乗車券(大阪市内在来線各駅~東京都区内在来線各駅)+特急券

指定席(通常) のぞみ 14,450円 ひかり、こだま 14,140円

自由席(通常) のぞみ、ひかり、こだま共通 13,620円

(年末年始やGW、春休み、夏休みは200円UP、

 1月後半から2月、6月、9月、11月から12月前半は200円DOWN)

 

お得なきっぷ等(在来線は別料金)

  IC早特タイプ21 11,000円 

  乗車日21日前までの予約で6時台と11~15時台に乗車駅を発車する「のぞみ」の指定席に乗れる。

 こだま楽旅IC早特 11,200円

  乗車日3日前までの予約で「こだま」のグリーン車に乗れる。

 

 ※上記きっぷはJRの「エクスプレス予約」の会員登録(有料)とクレジットカードが必要です。

 

 ぷらっとこだま 10,500円(通常)

  前日までの予約で「こだま」指定席に乗れる。

 

 ※上記きっぷはJR東海ツアーズでの申し込みになります。

 

このほか、ホテルには泊まりたい。泊まる地域や列車にはこだわらない場合にお得な

旅行会社の新幹線宿泊パックや金券ショップでチケットを手に入れる方法もあります。

 

新幹線はほぼ定時運行で本数も多いです。また起点となる駅も中心部にあるのがいいですね。値段が少し高く割引が利く列に制約があるのは注意が必要です。

 

 

次回は飛行機を取り上げます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

  

  

 

 

 

 

一人旅してますか?

はじめまして、しゃけちゃづけと申します。

このブログではしゃけちゃづけが一人旅に関して実際の旅行記やお得な情報、そのほかしゃけちゃづけの日常をつづっていこうと思います。

タイトルにもありますが

みなさん一人旅してますか?

僕はかれこれ10年以上ほぼ毎年一人旅行ってます。

最近はテレビ朝日アメトーーク!」でも一人旅芸人が放送されるなど注目はされていますが、

いまだに周りからは

「えっ、一人で旅行?」

と驚かれることが普通です。

 

なんで一人旅がいいのか?

 

「行きたい時に行ける」

「自由に動ける」

「気を使わない」

 

この3つがあげられます。

 

「行きたい時に行ける」

2人以上だと旅行に行きたいと思った時に休みが被らないと行けない。

相手or自分が急きょどうしても仕事になってしまった時に旅行が中止になってしまう。

→一人旅なら行こうと思えばその日でも行ける。

 

「自由に動ける」

急に〇〇に行きたくなったと思った時、相手がいるとなかなか変更しづらい。

朝起きる時間も相手に合わせないといけない。

→一人旅なら自由にスケジュールを変更できる。

 起きたいときに起きれる。(チェックアウトの時間は守りましょう。)

 

「気を使わない」

楽しい旅行にしたいという気持ちから相手の機嫌を損ねないように言動、行動に気を使わないといけない。

→一人旅なら言動、行動も気にせずに楽しめる。

 

 

みなさんもLet's一人旅!!